2012年11月11日

配給宣伝資金募集締切は11月16日(金)23:59!

『タリウム少女の毒殺日記(英題:GFP BUNNY)』の配給宣伝資金募集締切日が近づいてきました。
そこで今、かつてご縁があった皆さんに下記のようなメールを送らせて頂いてます。
ふだんは年賀状も出さないくせにこんな時だけ虫がいい、と自分だったら思ってしまうと思いますが、無礼を承知で送らせて頂いています。
送りつけられた皆さんには申し訳ないと思っていますが、一人でも共感して下さる方がいらっしゃったらと…

土屋 豊です。
本日はお知らせとお願いがあってメールさせて頂きました。

私の久しぶりの新作映画、『タリウム少女の毒殺日記(英題:GFP BUNNY)』は先日開催された東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門で作品賞を頂くことができました。
このことはとてもありがたく喜ばしいことなのですが、作品の内容を認めて頂いても、来年春公開の為の配給宣伝費が未だに確保できていないというのが実情です。

この映画の製作資金づくりの為に、私は2年以上の月日を費やしましたが結局どうにもならず、400万円の製作費を全て自腹で用意しました。
その上、更に配給宣伝費として200万円の資金が必要となり、現在、クラウドファンディングという仕組みを使って、皆さんに資金のサポートをお願いしている次第です。

『タリウム少女の毒殺日記』は、2005年に実際に起こった16歳の少女が母親をタリウムによって毒殺しようとしたとされる事件にインスパイアされた作品です。
"タリウム少女"の世界観を当時彼女が書いていたブログのテキストを基に想像し、彼女の視点で2012年の現代社会を批評的に捉えようと試みました。

既にヒットした実績のある小説や漫画を原作とし、有名な俳優を起用する傾向が強い最近の日本映画ですが、私は、最大公約数をターゲットとせず、社会とうまく折り合いがつかない少数の人たちと共感し合えるような映画もまた、絶対に必要だと思っています。

しかし、そのような映画の資金づくりは非常に難しいというのが現状です。
このままでは映画の多様性が失われ、世の中に自分の想いを発したいと願う"爆弾"のような映画が作れなくなってしまうのではないかという危機感から、私は仲間たちとともに【独立映画鍋】というネットワークを今年7月に立ち上げました。

今回の私の映画の配給宣伝資金募集プロジェクトも、その【独立映画鍋】の活動の一環として始まりました。本来なら「お金があるころから、お金がないところへ、お金を還流させるシステム」を作るべきなのですが、今はまだ、その道のりの途上にあります。

昨年、寄付税制とNPO法が改正され、認定NPOに寄付した寄付金の約半分は税額控除されるようになりました。「税金を払うか、直接寄付するか」の選択ができるようになったと言っても良いかもしれません。【独立映画鍋】は、その認定NPOの取得を目指しています。ただ、現状ではまだNPO法人化を申請している段階なので、税額控除は受けられません。

今回の資金募集プロジェクトは、上記したような新しいお金の還流システムを構築する為の実験として行なわれている側面もあります。資金をサポートして頂いた皆さんには税額控除の代わりにお得な特典を付けさせて頂きましたので、詳細は下記リンクをご参照下さい。

映画の多様性が多くの人の犠牲の上に成り立っている現状を打破するべく、今後も活動を続けて行きたいと思っておりますので、少しでも共感して頂けた方はご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

以上、長々と大変失礼致しました。

以下、関連サイトのリンクです。

★『タリウム少女の毒殺日記』配給宣伝資金募集サイト
http://motion-gallery.net/projects/GFP_BUNNY
※募集締切は、11月16日(金)23:59です!

★東京国際映画祭での受賞を伝える記事
http://news.walkerplus.com/2012/1028/14/

★映画公式サイト、公式FBページ
http://gfp-bunny.info/
http://www.facebook.com/GFPBUNNY

★【独立映画鍋】公式サイト
http://eiganabe.net/
posted by W-TV OFFICE at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

邦題変更!

最近はFacebookに移行してしまって、このブログの更新ができずにいます。
あまり更新しないならFBに統合した方がいいかなと思いつつも、やはりブログに残しておきたい出来事もあるかなと思い、もう少しこのブログは残しておくことにします。

ところで、『GFP BUNNY』の邦題を東京国際映画祭の上映後のQAの最後に観客の皆さんと一緒に決めてしまいました。
一緒に決めたと言っても、宣伝部が用意したふたつのタイトル案のどっちが良いかを挙手してもらっただけで、タイトル案自体に納得できない方々も多々いらっしゃった感じがしますが…

邦題は、『タリウム少女の毒殺日記』です!

どうなんでしょう!?
まぁ、タイトルが何であっても、観客の皆さんとこういうプロセスを共有できたことが私としては嬉しかったです。

明日28日は授賞式。
賞金欲しいけど、あんまり期待しないようにしておきます。
posted by W-TV OFFICE at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

東京国際映画祭「日本映画・ある視点」正式出品決定!

あぁ、長かった、長かった。

思い起こせばこのブログを始めたのが、2010年の秋。
東京国際映画祭の企画マーケットに『GFP BUNNY』の前身ということになる『NEW HELLO』という企画を出品したのを機に始めたのでした。(だから、ブログのタイトルは「NEW HELLO」)

あれから約2年。
あぁ、長かった、長かった。

この間のことは、このブログに、ほんの一部ですが書いてます。
書いてないことの方が大半なんですが、とにかく、いろんなことがありました…

…まぁ、とにかく、ようやく、ホントにようやく、皆さんに新作を観てもらえる機会を持つことが出来ました!
いろいろひっくるめて、皆さん、どうもありがとうございます!

しかし、逆に言うと、また、あの超大変な宣伝の日々が始まってしまいました。
始まってしまったからには、とにかく、やんないわけにはいきません。

とりあえず、以下、ネット系のリンクを書きますので、皆さん、フォローとか「いいね!」とか、拡散とか、シェアとか(よくわかんないんだけど)、よろしくお願いします!

『GFP BUNNY』公式サイト(仮)
『GFP BUNNY』公式Facebook
『GFP BUNNY』公式Twitter
土屋 豊のFacebook
土屋 豊のTwitter
『GFP BUNNY』の配給宣伝費寄付募集ページ
posted by W-TV OFFICE at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。