2013年03月17日

『タリウム少女の毒殺日記』の配給宣伝資金募集期間、終了!

本日3月17日をもちまして、『タリウム少女の毒殺日記』の配給宣伝資金募集期間が終了致しました。ご支援頂いた皆さん、本当にどうもありがとうございました!

このプロジェクトがスタートしたのは昨年の7月17日。本日まで8カ月の月日が流れました。その間、【独立映画鍋】が設立されたり、映画のタイトルを変えさせられたり(笑)、東京国際映画祭で賞を頂いたり、ロッテルダムに行ったり、とにかくいろんなことがありました。しかし、そのいろんなことの中でも128人もの皆さんに配給宣伝費のサポートを頂いたということが本当に嬉しく、ありがたかったです。目標達成の夜、ふと今までのお金にまつわるとても悲しい出来事を思い出し、皆さんのあたたかいお気持ちが心の底まで響いてきて、つい泣いちまったことを、今、思い出しています。何度も言いますが、皆さん、本当にありがとうございました!

そして、いよいよ映画の公開に向けての宣伝活動に本格突入します。
近日中に正式版ポスターと予告篇が公開されます!
マスコミ試写会の日程も確定します!

アツい7月、渋谷アップリンクをとんでもない数の人で埋め尽くし、大混乱に陥れるべく、頑張ります!
posted by W-TV OFFICE at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

ロッテルダム&インフルエンザ

皆さん、こんばんは。

ロッテルダムから帰国した途端インフルエンザに罹ってしまい、只今自宅で絶賛隔離中です。

ちょっとロッテルダムではしゃぎ過ぎたのかもしれませんが、とにかく楽しかったです。
現地はとにかく寒かったんですが、一緒に参加してくれたGFP BUNNYチームの皆さんは全員元気で、みんな映画祭や街の雰囲気、食べ物、お酒を大いに楽しんでくれたみたいでした。

滞在中の写真は、下記公式FBに結構載ってます。
http://www.facebook.com/GFPBUNNY

それから、日本のメディアにも紹介されました。
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=7019
http://www.cinematoday.jp/page/N0049960

さて、映画の反応ですが、最初のうちは、「ちょっとどう反応したら良いのかわからない」というような戸惑いが感じられ、会場からの質問でも自分の意見を言う前に「日本での反応はどうだったんですか?」と恐る恐る探りを入れてくる人もいました。
やはり強烈だったのは、「カエルの解剖」や「金魚のホルマリン漬け」だったらしく、「日本にはカエルや金魚の愛護協会はないのか?」と半分ジョーク、半分本気で問われました。
オーバーに言えば、生命倫理の壁のこちら側に留まるのか、その壁を"感覚"で飛び越えて行くのかによって、作品の評価が大きく分かれている感じがしました。

以下、印象に残った質問・感想の一部です。

▲身体をバージョンアップするという考え方はオランダでは受け入れられにくいと思う。日本では受け入れられるのか?
▲[少女]はとても悪いことをしているのに、なぜか[少女]の周囲の人たちの方が悪くて、[少女]自身はとても素直な天才なんじゃないかと思った。
▲「百聞は一見にしかず」というが、"感覚"は世界を変えると思った。
▲自分が世界に影響を与えることができるという感覚を知った。
▲映画も良かったけど、舞台挨拶とQ&Aが楽しかった!
▲次回作までまた9年間も待たせるな!

「ロッテルダムで観た」という他の映画祭のプログラマーからのオファーも続いています。
まだ正式発表はできませんが、とりあえず、ドイツとポーランドのプレミアが決まりそうな状況です。

関係ないですが、ロッテルダムからすぐ近くの街、デルフトが素晴らしかったです。
生まれ変わったらデルフトで恋愛小説家になりたいと思います(笑)。

…しかし、インフルエンザ、手強い。
早く治って欲しい。

01.jpg

02.jpg

03.jpg
↑ココがデルフト
posted by W-TV OFFICE at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

明後日27日、ロッテルダムに出発します!

こんばんは。
明後日27日にロッテルダムに出発しますが、やっぱり結局ギリギリまで仕事が続きそうです…
あっちでもメールはチェックしなきゃなんですが、まぁ、それはそれとして、いよいよ9年ぶりのロッテルダムです!
マイナス10度以下の極寒情報を聞いただけで震えてますが、寒いこと以外は全てが楽しみです。

9年前の映画祭に企画マーケットがあったのかどうか知りませんが、今回はビシッとマーケットがどんな風に行われているのかをチェックして来たいと思ってます。
それから、『GFP BUNNY』の海外売り込みと、"でっち上げ"感満々だけど次回作の超簡単な企画書を作ったので、その反応も確かめて来るつもりです。(結局、仕事じゃねぇか…)

一緒に参加するスタッフの嶺クンがTwitterやFacebookにできるだけ現地情報をアップする予定なので、お時間ありましたら、是非チェックしてみて下さい!

▲『タリウム少女の毒殺日記/英題:GFP BUNNY』公式Facebook http://www.facebook.com/GFPBUNNY
▲『タリウム少女の毒殺日記/英題:GFP BUNNY』公式Twitter https://twitter.com/GFPBUNNY
posted by W-TV OFFICE at 03:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。